So-net無料ブログ作成


>>東日本大震災チャリティーオークション >>災害時必需品!早めに準備を・・家庭用自家発電機

「食べログ」でやらせが発覚! [国内ニュース]

「食べログ」のランキングはやらせだった。

飲食店の人気ランキングサイト「食べログ」が、好意的な口コミ投稿の掲載や、
順位の上昇を請け負う見返りに飲食店から金を受け取る「やらせ業者」に、
ランキングを操作されている事例があることが4日、運営会社のカカクコムや、飲食店関係者への取材で分かった。

カカクコムは現時点でやらせ業者39社を特定し、カカクコムの田中実社長は、
「今後は不正業者の業務停止を求めて提訴するなど断固とした措置をとりたい」としている。

食べログは月間利用者数が3000万人以上あり、その影響力が大きく、
やらせによって客入りの悪かった店が「人気店」「繁盛店」に変身する場合もあるほどだ。

東京都内の飲食店関係者によると、やらせ業者はIT関連会社や投資顧問会社を名乗り、
飲食店店舗を個別に訪問して、
食べログの点数を上げる裏技のご提案です。食べログからは非公認のサービスとなります」などと、
言葉巧みに勧誘し、店舗側の意向を反映した好意的なやらせ「口コミ」を毎月5件ずつ投稿するという。

やらせ業者への報酬は一月約10万円。
やらせ勧誘担当者は「依頼を受けた店舗の点数を確実に上げる」などと強調したという。

幅広い世代の人たちの飲食店選びに欠かせない存在となっている食べログでおきた今回のやらせ事件だが、
同様のサービスの殆どがサイトへの無料登録さえすれば誰でも投稿できるため、やらせ業者に悪用されやすい。

飲食店側はランキングサイトでの自店の評価が、直接集客に大きな影響をあたえる為、
やらせ業者にランキングの操作を依頼する事例が後を絶たないのだろう。

まあ、今回の「食べログ」の事例は“氷山の一角”で、
多種多用のランキング式の評価サイトでこの種の操作がされている可能性は否定できない。

口コミランキングサイトの存在は、利用者にはとても利便性の高いサービスだけに、
今後この様な事件が起きないように、監視を強化してほしいものだ。
「やらせ」と「情報操作」 新版 / 渡辺武達

nice!(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

トレンド情報Now 婚活

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。