So-net無料ブログ作成


>>東日本大震災チャリティーオークション >>災害時必需品!早めに準備を・・家庭用自家発電機

ゴルフ日韓戦結果 [スポーツ]

日本と韓国による国の威信をかけた日韓ゴルフ対抗戦、
ミリオンヤードカップ(韓国、ジョンサンCC)の大会3日目。

2日間を終えた段階ではともにトータル5ポイント(勝:1ポイント、敗:0ポイント、分:0.5ポイント)。
そして迎えた最終日、10人ずつのシングルス・ストロークプレーの結果、
トータルポイント8.5-11.5で日本は韓国に敗退した。

日本は先陣を切った小田孔明が敗れてしまい幸先の悪いスタート。
続く2組目の薗田峻輔が16番まで2アンダーで並ぶ接戦を演じたものの、
17番で韓国チームのサンヒョン朴にバーディを奪われ、1打差を追う18番でボギーを叩き敗戦。

さらに3組目の松村道央も精彩を欠き、まさかの3連敗でチームの勝利が遠のいてしまう。
4組目の河井博大も1打リードで迎えた最終18番をボギーで引き分け。
5組目の高山忠洋はハイスコアの争いとなるも、1打差を耐えしのいで勝利。
この時点でトータルポイント7-8まで巻き返し、石川遼から始まる後半5組に勝敗の行方は託された。

6組目の石川遼は、薗田とペアを組んだフォーサム、フォーボールで、
日本チーム唯一の2連敗と不甲斐ない2日間だったが、最終日は4番から圧巻の4連続バーディを奪って、
6打リードで前半を折り返す。しかし対するホン・スンサンも負けじと11番でイーグル、
13番でバーディを奪い3打差までじわりと詰め寄る。

その後、石川はスコアを伸ばすことは出来なかったが、
ホンに2打差まで迫られるもなんとか逃げ切って勝利をもぎ取った。

石川遼の勝利でトータルポイント8-8と並び勝利に望みをつないだ日本勢は、
昨季国内ツアー賞金王の金庚泰と対戦した藤田寛之が、ベテランらしい落ち着いたスコアメイクで試合を進め、
上がり4ホールで3バーディの猛チャージを披露しドローに持ち込む奮闘をみせた。

しかし、近藤共弘、池田勇太、片山晋呉はいずれも韓国勢に敗退。
この結果、日本はトータルポイント8.5-11.5で韓国に屈し、大会連覇を逃すこととなった。
【横峰さくら推薦!】女性のためのゴルフレッスンDVD VenusG「Pink x Purple」2巻セット
ゴルフ上達 世界最新ゴルフ上達プログラム

nice!(1) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 1

トレンド情報Now 婚活

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。