So-net無料ブログ作成
検索選択


>>東日本大震災チャリティーオークション >>災害時必需品!早めに準備を・・家庭用自家発電機

2011年 日本レコード大賞 AKB48涙の初受賞 [エンタメ・芸能情報]

今年の日本レコード大賞は、AKB48が結成7年目で涙の初受賞!

第53回 輝く!日本レコード大賞の最終審査会が30日、東京・新国立劇場で開かれ、
優秀作品賞10作品の中から結成7年目のAKB48の「フライングゲット」が大賞に輝いた。
女性グループの受賞は78年のピンク・レディー「UFO」、89年のWink「淋しい熱帯魚」に続き3組目。

「フライングゲット」は発売初日にミリオンを達成するなど、約158万7000枚を売り上げた作品。

今年のレコタイは当初からAKB48が“本命”と目されていた。
その理由として、昨年まで3年連続で大賞に輝いた「EXILE」が受賞候補を辞退したことにあった。

レコード大賞発表の瞬間、AKB48メンバーは涙、涙…。
前田敦子は「ずべての方々に感謝したい」と声を詰まらせ、高橋みなみは、
「去年のこの日から1年間頑張ってきて本当によかった」と感涙。

大島優子は「期待と不安でいっぱいだった。ファンの方たちに本当に感謝したい」と喜びを語った。

第53回日本レコード大賞の候補になった優秀作品賞は以下。

★西野カナ:Esperanza

★KARA:GO GOサマー!

★AAA:CALL

★JUJU:この夜を止めてよ

★水森かおり:庄内平野 風の中

氷川きよし:情熱のマリアッチ

★FUNKY MONKEY BABYS:それでも信じてる

★AKB48:フライングゲット

東方神起:Why?(Keep Your Head Down)

★いきものがかり:笑ってたいんだ


※ 記事中の文字リンクは、楽天市場の関連商品へリンクしています。

nice!(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

トレンド情報Now 婚活

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。